亀頭直下埋没法とは?

亀頭直下法、亀頭直下式などとも呼ばれている亀頭直下埋没法とは、亀頭に重なっている、口の部分にあたる包皮を亀頭のカリの部分の長さまでカットし、カリ下に包皮を縫いつけるという方法の包茎手術です。

 

環状切除術の包茎手術の場合は、包皮のちょうど中央部分をカットすることによって裏筋を切らずにキープすることができるけれども、見た目が2トーンカラーになってしまうなどのデメリットがありましたが、亀頭直下埋没法の場合には、手術痕が亀頭のカリのすぐ下の部分に隠れてしまうため、手術痕がバレにくいという特徴があります

 

亀頭の口部分をぐるりとカットするため、裏筋も一緒にカットしてしまう医師もいるようですが、裏筋を残したいという患者さんのために、裏筋を残す形で手術をする方法もあるようです。

 

この亀頭直下埋没法での包茎手術は、環状切除術法と並んで実に多くのクリニックで実施されている方法で、クリニックや医師、個人のペニスの形などによって、どのような手術法が向いているかが微妙に違ってくるようです。

 

他にも、切らない包茎手術などの方法もありますから、ご自身の既往歴や持病の有無、飲んでいるお薬との相性、肌が敏感かどうか、傷が残りやすい体質かどうかなど様々な観点で包茎手術の方法を比べて、医師と相談をしながら進めていくことが大切です。

 

1つのクリニックの説明だけでは納得ができなかった場合には、無料カウンセリングをうまく利用していくつかのクリニックで比較をしてみるというのも失敗しないためのポイントです。

専門病院

亀頭直下埋没法とは?関連ページ

環状切除術とは?
包茎手術の中でも一般的に行われている環状切除術とは、ペニスを最大限に伸ばした状態で余っている包皮を輪切りのような状態でカットをする方法です。
根元部固定法とは?
彼女からの何気ない「ニオイがちょっと気になる」という一言で、根元部固定法で包茎手術を受けることを決意しました。
ナチュラルピーリング法とは?
ずっと仮性包茎で悩んでいたけど、ナチュラルピーリング法で包茎手術を受けて包茎から卒業してきました。
複合曲線作図法とは?
まさにすっかりかぶっている状態の真性包茎だったのですが、包茎クリニックの複合曲線作図法で包茎手術をして新しい自分になることができました。

このページの先頭へ戻る