海やプールでのコンジローマ感染の可能性もゼロではないので注意

尖圭コンジローマの感染経路は主に接触感染であり、一番可能性が高い感染経路は性交渉と言われていますが、コンジローマの感染は性交渉以外でも起こりえます。性行為以外での尖圭コンジローマの感染患者を調べると、肌の接触しやすい場所の利用率がそうでない人に比べて3倍高かったという報告もあります。

 

肌の接触が高い場所というのは海や温泉、プールなどがあげられ、こうした公共施設の衛生管理はとても重要です。海や温泉にいったからといってコンジローマに感染するというわけではありません。しかし、感染の可能性はゼロではないということは心にとめておく必要があります。

 

コンジローマに限らず、感染症を予防するためにも、海やプールに行った後は体をしっかり洗うなど、個人での衛生管理もとても大切です。また、万が一気になる症状が現れたときには早めに医療機関を受診し、適切な処置を受けることが大切です。そのうち治ると放置している間にほかの人に感染を広めてしまう可能性もあるので注意しましょう。

専門病院

海やプールでのコンジローマ感染の可能性はゼロではない関連ページ

コンジローマの原因となるパピローマウイルスとは?
コンジローマは、イボという形で症状が出ます。
温泉でもコンジローマになる恐れあり?
コンジローマは、HPVウイルス(ヒトパピローマウイルス)に感染することによって起こる病気です。

このページの先頭へ戻る