治療記事一覧

コンジローマができてしまった場合の治療法として、液体窒素を使うのはよくあることです。コンジローマができてしまった場合、まず泌尿器科に行かれることと思いますが、皮膚科での受診を薦められることもあるようです。さて、液体窒素についてはどの程度の知識があるでしょうか。物を凍らせる実験などでお馴染みの液体窒素は、マイナス100℃以上もあるという凄まじい効果を持ちます。一瞬で凍ってしまうのは、桁違いのマイナス...
コンジローマは、特に男性の場合、他の出来物と間違われる可能性があります。フォアダイスと呼ばれる症状があるのですが、これがイボのようなものができてしまうので勘違いして病院で検査を行なってしまうというケースもあるのではないでしょうか。このフォアダイスは性病ではなく、感染の危険性もないので病院に行く必要はないのですが、コンジローマは明確に病院に行って検査した方がいい「病気」です。コンジローマは最悪、悪性...
サリチル酸を配合したイボコロリはイボを取り除くのに効果のあるお薬です。イボにはいろいろな種類があり、原因には大きくウィルス性のイボと老化などウィルスに関係のないイボがあります。ウィルス性のイボはヒトパピローマウィルスが皮膚や粘膜に感染しておこります。コンジローマなどウィルス性のイボにむやみに触ってしまうと症状が悪化してしまうことがあるので、気を付けましょう。イボコロリはウィルス性のイボに効果のある...
コンジローマに罹ってしまった、それが正式に診断された、そうなれば次は処置です。その中でも手術を行うというのはコンジローマに対してよく見られる処置の一つです。手術と書きましたが、保険も効いて安めなのでこの選択肢自体は悪いものではないでしょう。問題は術後です。これに関しては、どこにコンジローマができてしまったかにもよるのですが、一番多いと思われる性器付近と仮定しましょう。術後で最も辛いことは排尿ではな...
コンジローマを病院で治療したいと考えている【男性】の為に、プライバシーが保護された状態で日帰りでの除去が可能な病院をご紹介します。コンジローマは性病ですので、一般の泌尿器科でも治療は可能となっています。しかも、一般の泌尿器科であれば保険も適用されるでしょうから、その分自己負担も少なく済みます。しかし、コンジローマの治療で恥ずかしい思いをしたくないと考えている男性の方、また包茎手術も一緒に検討してい...
コンジローマの感染が疑われる、感染している事は間違いない、こういった状況の男性の方で、「実は俺、包茎なんだよね〜」って方も多いのではないでしょうか?もし、あなたがコンジローマの治療と包茎手術を一緒に受けたいと考えておられるのであれば、それは「可能」です。実際、包茎手術を専門とするクリニックであれば、コンジローマやフォアダイス、真珠様陰茎小丘疹などのブツブツと包茎を一緒に治療して、日帰りで終わらせる...

このページの先頭へ戻る