コンジローマは再発率が高い厄介な性病

コンジローマに罹られた場合、かなりの負担がかかると思われます。というのも、他の性病と比べると、再発率が高いからです。仮に治療が行われて完治したとしても、何と四分の一の確率でコンジローマは再発してしまうとされています。25%というのは再発率としてはかなり高い部類に入るのではないでしょうか。

 

他の性病や病気などで、完治していないのに薬の「服用を止めてしまい、再び症状が出始めてしまう」というものではなく、完治しているのに再発してしまうという点が非常に厄介なところです。この四分の一に当たってしまった場合は、残念ながら再び完治まで治療をする必要があります。幸い、コンジローマは保険の効く病気で、金銭的な負担は少ないとされています。

 

手術で、大体1万円もかからないぐらいのようですので、再発しないことを祈ってきっちりと治療してくれるお医者さんで診てもらうのが一番良いでしょう。私のように美容外科・形成外科などの専門のクリニックだと保険は効きませんが日帰りでストレスなく治療する事もできます。

 

保険が効かないといっても私は2万円ほどでしたので、女性の目やほかの患者の目など、プライバシー保護の面で多めにお金を払う価値があると感じるのであれば、専門の美容外科などを受診してみると良いでしょう。

専門病院

コンジローマは再発率が高い厄介な性病関連ページ

コンジローマを仮に放置しておいたらどうなるか?
コンジローマは、痛みや痒みがありません。
コンジローマは悪化する前に治療することが大切
コンジローマは悪化するといぼの数が増えたり、患部が拡大することがあるだけでなく、男性なら陰茎ガン、女性なら子宮頸がんを招く恐れのある恐ろしい病気です。
何故コンジローマに誤診が多くなってしまうのか?
コンジローマは、専門医でも誤診してしまうことがあるようです。

このページの先頭へ戻る