何故コンジローマに誤診が多くなってしまうのか?

コンジローマは、専門医でも誤診してしまうことがあるようです。何故このようなことが起きてしまうのか、それはやはり初期症状の少なさにあると思われます。

 

また、ある程度病状が進行すれば誤診の可能性は少なくなるのでしょうが、初期のイボができるという段階ではプロの目でもはっきり見分けられないことがあるようです。初期は、患者の方にも痛みや痒みがないとされていますので「コンジローマではない」という診断が下っても疑いにくい状況になってしまいがちです。

 

このような誤診は、特に女性の方に多く起こるようです。肝心の外見が、外に表れていない場合は、仮に違和感があっても見落としやすいので、男性よりも女性の方が誤診されやすいと言えるでしょう。コンジローマは、進行すれば痛みや痒みはなくても、明らかに違和感を持つようになりますので、誤診が発覚しないということはないでしょうが、なるべくならば実績の多い、信用できる専門医を見つけるのが良い方法でしょう。

専門病院

何故コンジローマに誤診が多くなってしまうのか?関連ページ

コンジローマを仮に放置しておいたらどうなるか?
コンジローマは、痛みや痒みがありません。
コンジローマは再発率が高い厄介な性病
コンジローマに罹られた場合、かなりの負担がかかると思われます。
コンジローマは悪化する前に治療することが大切
コンジローマは悪化するといぼの数が増えたり、患部が拡大することがあるだけでなく、男性なら陰茎ガン、女性なら子宮頸がんを招く恐れのある恐ろしい病気です。

このページの先頭へ戻る