コンジローマは悪化する前に治療することが大切

コンジローマは悪化するとイボの数が増えたり、患部が拡大することがあるだけでなく、男性なら陰茎ガン、女性なら子宮頸がんを招く恐れのある恐ろしい病気です。コンジローマを放置し、悪化したまま妊娠してしまうと、お腹の中の赤ちゃんにも影響する可能性があるので、悪化する前にきちんと治療を受けることが大切です。

 

コンジローマはほかの人にも感染する病気です。コンジローマの感染経路は主に接触感染ですが、性交渉だけが接触ではありません。この病気はすぐに治療を行うことが大切で、自分でなんとかしようと思わず病院に行きましょう

 

場所が場所だけに、そして原因が原因だけに病院に行きづらいと感じる人も少なくありませんが、早い処置が何より大切です。コンジローマは自然治癒することもないわけではありませんが、一度治っても体調不良など体が弱った時に再発することもあります。

 

男性でカリ首付近にコンジローマが見られる場合は、一般の泌尿器科ではなくプライバシー保護がされた専門のクリニックなどがお勧めです。液体窒素で日帰りで治療してもらえますし、費用も1万円からと低価格なクリニックもあります。コンプレックスが深い悩みとなりますので、こういった専門の病院を活用するのも一つの手です。

専門病院

コンジローマは悪化する前に治療することが大切関連ページ

コンジローマを仮に放置しておいたらどうなるか?
コンジローマは、痛みや痒みがありません。
コンジローマは再発率が高い厄介な性病
コンジローマに罹られた場合、かなりの負担がかかると思われます。
何故コンジローマに誤診が多くなってしまうのか?
コンジローマは、専門医でも誤診してしまうことがあるようです。

このページの先頭へ戻る